こんなことがありました。応援車両を要請しながら、移送内容が変わり自ら運行を済ませる、失態。

そのときの気分に動かされての、即日変更運行は
問題ありですね!!

病状、体調などの身体変化による対処とは違います~

 

①お客様のM氏が診療後床屋に立寄るので、お帰り時間(タクシーお迎え)が重なることで、応援要請が入る。

②他、介護タクシーの運行状況を見極め、応援車両(2号)を見込み時間に床屋周辺に寄せる手配済。

③M氏より診療終了でのお迎え連絡入る。

④担当車輌(1号車)を配車。当然裏手の床屋への移動と承知するが!!

⑤床屋立寄り中止(センター、応援車輌2号も正確な状況把握できず)。

⑥応援車両2号は床屋周辺待機に向かっていた。

⑦時間差で担当車輌1号のホウレンソウ不手際が分かる。

報告・連絡・相談の欠落で生じた

無駄な時間の経過を~

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村 あなたのクリックで、運転手・ドライバー日記・新着記事がご覧になれます

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村 あなたのクリックで、神奈川県情報・新着記事がご覧になれます

PVアクセスランキング にほんブログ村クリックされてもポイントには反映されません

カテゴリー: 外出支援 パーマリンク