人類が狩りで道具を 平等な社会と利益の配分は可能か? 猟師になり追いこみましょう、命を保つためにも!!

石器を使い始めた時期と罠を使い狩猟を使い始めた時期

気候が温暖化していく中で大型の動物が減ってくると

次第に小動物を捕食する必要性が生まれ

槍などの大型の石器よりも

弓矢による狩猟が多くなっていったようです

狩りにおいてそれぞれに役割があり構成員であることが

瞬間一人だけである可能性もありますが

この人間は社会集団に所属していて

特定の社会集団の規範に従い、ルールによって

相互の行動を制約して「社会」をつくり

大きな利益が得られることを期待していたのでは?

自己と家族と仲間を養う!!

私達は一人では自分の欲求を十分に満足させることができない

集団を形成するするのでは!!

彼方の理想は一人で自己満足の充実を

不平等で闘争もない?

自己の利益のみを追求する者は勝者になれない

社会の構成員で一人ではないことが・・・条件

勝手気ままな毎日の終末は・・・破綻!!

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村 あなたのクリックで、運転手・ドライバー日記・新着記事がご覧になれます

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村 あなたのクリックで、神奈川県情報・新着記事がご覧になれます

PVアクセスランキング にほんブログ村クリックされてもポイントには反映されません

カテゴリー: 外出支援 パーマリンク