「医療難民」に!!。さまざまな不快感の症状、栄養障害と・・・胃がん手術の後遺症で

胃を切りとると、どんなことが起きますか。

◎ 食欲がなくなったり。筋肉が減ったりします。その結果、体重も減ります。

手術後、「ダンピング症候群」に悩まされます。

◎ 主な症状はめまい、倦怠感(けんたいかん)、頭痛、どうき、しびれなどです。吐き気や腹痛、下痢などの腹部症状があります。

血糖値の乱高下

◎ 食物がすぐ腸に流れ込んで吸収されるため、一時的に高血糖になります。すると血糖値を下げようと膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンがたくさん分泌され、食後2~3時間すると今度は低血糖になります。眠気や倦怠感、冷や汗などがあります。重い場合は意識がもうろうとすることもあります。

胃を切ったあと、時間がたってから起きる後遺症もあるのですか。

◎ 手術後5、6年してから貧血が起きることがあります。胃を切ると血液の材料になる鉄やたんぱく質、血液をつくるのを助けるビタミンB12がうまく吸収できなくなります。こうした栄養分は普段から体に蓄えられているのですが、蓄えがなくなると貧血が起きます。

クリックして特集記事を読んでみましょう”朝日新聞”

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村 あなたのクリックで、運転手・ドライバー日記・新着記事がご覧になれます

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村 あなたのクリックで、神奈川県情報・新着記事がご覧になれます

PVアクセスランキング にほんブログ村クリックされてもポイントには反映されません

カテゴリー: 外出支援 パーマリンク